『えもチェン』の使用方法
携帯の方は『絵文字のページ』の中にある『えもチェン』をご利用下さい。
PCからは『えもチェン』がご利用になれませんので、『絵文字を使いこなして見るページ』で絵文字がどのように対応しているかを確認できます
(『えもチェン』は、携帯ブラウザからのアクセスを前提としています、PCからのアクセス,携帯のフルブラウザ、jig・google等のプロクシーを使用しておいでになった場合には、こちらのページが表示されますので、QRコードを元に携帯のブラウザでお越し頂きますようお願いいたします。)

QRコードでURLを読み込んで『絵文字のページ』を表示して下さい、その中から『えもチェン』を選んで下さい。

『えもチェン』のページを開くと、

上記のような画面が表示されます。(広告等が上部・下部に表示されていますので、実際のイメージは多少違います。)

”ここに絵文字入りメールを入力”と表示されているテキスト入力エリアに携帯より絵文字入りのメール文書を入力して下さい。
『相手の携帯は』の選択でメールを送る相手のキャリアを選択して下さい。

『絵文字を大きく』は、高解像度の画面の時に、絵文字(画像で表示)を表示する時に、文字と絵文字のバランが悪いときにチェックしてバランス取らせる時に使用します。(画像を拡大・縮小するのでイメージは崩れます。)

『変換』をクリックすると、メールを受信した携帯で見た時のイメージを表示します。

『送られるメールは』の下に、メール送信相手先の携帯でメールを表示した時のイメージが表示されます。(上部・下部に広告が表示されますので、実際のイメージとは多少違います。)

『メール送信』をクリックすると、携帯電話のメールプログラムを起動し、メール本文をコピーします。

又、期待した絵文字に変換され無かった時や、使用する絵文字や文書を変更する時には、『メール送信』の下に再度編集用の表示が出ていますので、その中でメール文書を変更し、再度『変換』をクリックしてメールの作成を行ってください。(各々の項目横にある?をクリックすると、説明画面が表示されます。)


その他サービス

『えもナニ』  :1文字の絵文字を入力すると各キャリアで発表している、絵文字のタイトルを表示します、この絵文字の意味何だろうとか思ったときにご利用下さい。
『えもサーチ』 :裏絵文字なるものが携帯にはあるそうです、裏絵文字を調べる為に作りました、SJISの外字エリアのコードを一式バイナリで表示しています。
『えもモジ』  :他キャリアに絵文字を送った時に文字に変わってしまう絵文字の一覧表を表示しています。
『絵文字一覧表』:各キャリアから発表されている、絵文字をメールで送った時の絵文字変換表を、GIF(動くものは動きます)で表示しています、又ドコモ・AUに関しては携帯用のキャリアの公式サイトへのリンクも張ってあります。


良くある質問と回答

J-Phone,Vodafon,Softbankの携帯に関して。
J-Phone、Vodafon,Softbakの携帯に関しましては、ベータ版を公開させて頂いております(UTF-8にて処理を行っている為、古い機種での動作検証が行えておりません、もしかすると3Gのみでしか動作出来かもしれません)。
表示される絵文字のイメージが違う。
『えもチェン』で表示している絵文字(画像)は、携帯で表示される絵文字に近い物をフリー素材等から使用しております、実際の携帯電話に登録されている絵文字とは、多少違います、又携帯電話の中の絵文字も同一キャリアの携帯であっても、メーカー、機種により多少イメージが違います、『えもチェン』ではざっくりとしたイメージが分かって、絵文字が文字に変換されない事が分かる程度の機能になりますので、その点はご了承の上ご利用下さい。